こんにちは。イッシキです。

 

うつの薬には色んな種類がありますが、その目的は脳内の神経伝達物質の量を増やすことで、精神の安定化を図ることです。

 

ここでは、そうしたうつの薬の種類と特徴を挙げていきます。

 

その前にセロトニンノルアドレナリンについて知っておく必要があります。

 

セロトニンとは神経伝達物質の一つで感情や気分のコントロールするものと言います。

 

ノルアドレナリンには物事に対するやる気や集中力を高めたり、ストレス耐性を強めるといった作用があります。

 

脳内でのセロトニン、ノルアドレナリンの量を調節するのが、抗うつ剤の作用です。

 

抗うつ剤には、SSRI、SNRI、NaSSA、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬があります。

 SSRI

選択的セロトニン再取り込み阻害薬。

SSRIの効果

セロトニンの細胞内への再吸収を阻害します。

 

そうすることで脳内のセロトニンの量が増え、抗うつ作用を促します。

 

新薬より副作用が少ないため、まずはこれを処方する精神科医が多いです。

SSRIの種類

・フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)

・パロキセチン(パキシル)

・セルトラリン(ジェイゾロフト)

・エスシタロプラム(レクサプロ)

SSRIの副作用

・痙攣

・譫妄

・錯乱

・幻覚

・妄想

・意識障害

・意識レベル低下

・意識消失

・ショック

・アナフィラキシー

SNRI

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬。

SNRIの効果

セロトニンに加え、ノルアドレナリンの細胞への吸収を阻害し、脳内でその量を増やします。

 

また、神経障害に伴う疼痛にも使用されます。

SNRIの種類

・ミルナシプラン(トレドミン)

・デュロキセチン(サインバルタ)

・ベンラファキシン(イフェクサー)

SNRIの副作用

・眠気

・めまい

・ふらつき

・頭痛

・不随意運動

・吐き気

・嘔吐

・便秘

・口渇

・腹部膨満感

・排尿障害

・尿閉

NaSSA

ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬。

NaSSAの効果

ノルアドレナリンに作用するα2受容体と、セロトニンに作用する5-HT1受容体、5-HT2受容体、5-HT3受容体をコントロールすることで、ノルアドレナリンとセロトニンの量を増やし、抗うつ作用を促します。

NaSSAの種類

・ミルタザピン(リフレックス、レメロン)

NaSSAの副作用

・傾眠

・めまい

・頭痛

・口渇

・便秘

・吐き気

・胃部不快感

・腹痛肝機能障害(ごく稀に起こる)

三環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬の効果

脳内でノルアドレナリンやセロトニンの作用を増強することで、抗うつの作用を促します。

 

膀胱の収縮を抑え、夜尿などの無意識な尿漏れを防ぐという目的にも使われます。

 

睡眠改善や疼痛緩和を目的として使われることもあります。

三環系抗うつ薬の種類

第1世代三環系抗うつ薬

・アミトリプチリン (トリプタノール、ラントロン)

・イミプラミン (イミドール、トフラニール)

・クロミプラミン (アナフラニール)

・トリミプラミ(スルモンチール)

・ノルトリプチリン(ノリトレン)

第2世代三環系抗うつ薬

・アモキサピン (アモキサン)

・ドスレピン (プロチアデン)

・ロフェプラミン(アンプリット)

三環系抗うつ薬の副作用

・眠気

・めまい

・不安

・せん妄

・高熱

・発汗

・手足の震え

・脈が速くなる

・口渇

・眼圧上昇

・便秘

・排尿困難

 四環系抗うつ薬

四環系抗うつ薬の効果

ノルアドレナリンの量を増やすことで、抑うつ効果を促します。

 

三環系抗うつ薬の副作用を軽減した薬として扱われます。

四環系抗うつ薬の種類

・マプロチリン(ルジオミール)

・ミアンセリン(テトラミド)

・セチプチリン(テシプール)

・ミルタザピン(リフレックス、レメロン)

四環系抗うつ薬の副作用

・眠気

・めまい

・ふらつき

・頭痛口渇

・便秘

・吐き気

・食欲不振

・高熱

・発汗

・手足の震え

・脈が速くなる

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。