こんにちは。イッシキです。

私は双極性障害になってから結構長いんですけど、考えて見れば双極性障害に関する本ってあまり読んだことがなかったな、と思いまして、「双極性障害(躁うつ病)のことがよくわかる本」というのを読みました。

 

まあ結構薄い本ではあるんですけど、ちゃんと一般向けに書かれたものでして読みやすかったです。

 

最初はチェックシートだのなんだのから始まるから「またネットでもよくある類のやつかな」と思ったんですけど、なかなか読んでよかったところはありました。

 

大きく分けると、

双極性障害になった場合のケース、

双極性障害のタイプ、

発病の原因、

治療法、

本人や周囲ができること、

という章にわかれています。

 

このサイトを訪れてくれているということは、自分だって双極性障害なんだからいちいちそんなことを読む必要なんてない、と思うかもしれませんけど、いろいろなケースを知ることで今の自分の立ち位置がわかるので、参考にできる部分も多いと思います。

 

これを読んだ私は「確かに前はこれだけひどい状態だったけど、確かによくなっているな」と再確認できました。

 

私があやふやな知識しか持っていないところも詳しくかかれていました。

 

例として、双極性障害には1型2型がありますが、この違いもちゃんと書かれていますね。

 

なんとなく今までは1型のほうが重い、みたいなイメージでしたけど、どうやらそうではないようです。

 

むしろ深刻度で言えば2型のほうがまずいみたいですね。

 

1型では躁状態もうつ状態も大きく表れるから躁うつ病だってすぐわかるんですけど、2型の場合は躁状態が小さいため、「うつ病」と診断されてしまうことが多いのだそうです。

 

他にも「この人は浮き沈みが激しい性格だ」と思っていたら気分循環症であったとか、双極性スペクトラムと呼ばれる正体がわかっていない躁うつ病もあるようですね。

 

躁うつ病になる原因は、単によく言われてるストレスだけではなく、幼少期の体験や遺伝子に至るまでいくつも原因が考えられます。

 

そういった原因のなかでもやっかいなのは、上述したような、躁うつ病なのにうつ病だと診断された場合の薬の副作用。

 

うつ病と診断されたために処方された抗うつ剤によって躁状態が誘発されてしまうことがあるんです。

 

これ、私の過去を振り返ると当てはまったんじゃないかと思っています。

 

最初、普通に抑うつ状態って診断でしたからね。

 

抗うつ剤、飲みまくりましたよ。

 

その後、躁状態も併発しましたからね。

 

まあこのように、うつ病と躁うつ病の薬はまったく異なるわけです。

 

この本には双極性障害の治療法もしっかり書かれています。

 

薬物治療、認知療法、ほかには電気や磁気を使ったような治療。

 

薬物治療は一番スタンダードに行われていますね。

 

うつ病に対して抗うつ剤を使うのに対して、躁うつ病に対しては気分安定剤が中心となります。

 

沈んだ波を押し上げるだけではなく、上がったり下がったりする躁鬱の波を少しでも安定させて小さくしていくことが目的になるわけです。

 

ちなみに気分安定剤と安定剤は別物ですので注意。

 

私が治療法の中でも興味を引いたのは通電治療とか磁気治療。

 

通電は脳がけいれんをおこすので、全身麻酔を使って行われるそうです。

 

磁気治療は通電ほど危険もないので気楽に受けられるそうです。

 

ただこれ、今日精神科医に聞いたんですけど、一過性のものにすぎないらしいです。

 

治療したからといって永続的に回復するわけではないと。

 

結構費用がかかりそうなわりに、とくに通電治療なんて入院までしないといけないわりに、完全回復しないんじゃ割には合いませんね。

 

あとは認知療法。

 

私が一番助けられた治療法がこれですね。

 

目的は思考をコントロールすること。

 

とにかく自分で自分に貼った悪いレッテルを、ひとつずつ剥がしていく感じです。

 

「自分はだめなやつだ」と思っても、「こういう風に考えてみたら、そうでもないんじゃない?」とカウンセリングを受けていきます。

 

おかげで私は「自分は死ぬべき人間だ」とは思わなくなりました。

 

まあ完全に不調なときは、そういう考えが頭をもたげてくることも今でもありますが。

 

もし私と同じように、自分を卑下してしまっているなら、ぜひとも受けてもらいたい治療法だと思います。

 

最後の章は、躁うつ病にかかっている本人と、それに親しい人に向けたものです。

 

まあ本人に対して書かれていることは「こういう風に生活しなさい」とか、自律訓練法とかどこにでも書かれているようなことですが、家族に向けて書かれていることは結構重要だと思います。

 

とくに印象に残ったのが「薬のことで不安にさせるな」というところ。

 

「その薬、いつまで飲むの?」「副作用とかないの?」なんて言葉を聞いたら、私達躁うつ病者は本当に不安になりますよね。

 

だからそんなことは言わないで、もし知りたいなら、本人と一緒に医者のところに行って聞いてきてください、というようなことが書かれています。

 

この一文だけでも、家族や周りの人に読んでもらう価値があるんじゃないかとさえ思えるほど印象深かったです。

 

ほかにも本人がしてほしいこと、してはいけないこと、いろいろなことが載っています。

 

総括すると、この本は躁うつ病者本人も、その周りの人も、一度読んでみる価値がある本だと思います。

 

図も多いので一時間もしないうちに読めますので、とくに周りの人に、最後の章だけでも読んでもらうといいのではないでしょうか。

 


 

 

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。