こんにちは。イッシキです。

 

今回は、インターネットを使うにあたってちょっと便利なテクニックを紹介します。

 

まあ知ってる人は「そんなことかよ」って思うかもしれませんけど、知らない人にとっては「うお!そんな手が!!?」ってな感じになると思いますので、一応途中までだけでも読んでいただけたらと思います。

辞書登録ツール

さて本題。

 

インターネットをやっていれば、メールアドレスなんかを記述することってよくあると思います。

 

そのとき、いちいち自分のメールアドレスを書き込んだりはしていませんか?

 

で、さらには、メールアドレスを書き込まないといけないとき、長ったらしいメールアドレスだと入力が面倒だからと、短くしていませんか?

 

それ、時間がもったいないですし、短いメールアドレスだとスパムが来ることもあるので危険だと思うんです。

 

じゃあどうすればいいのかというと、私は「辞書機能」を使っています。

 

これはPCでもスマホでも使えます。

 

あらかじめ変換を登録しとくわけです。

 

たとえば私の場合。

 

「めえる」と書いて変換すれば、メールアドレスが出てきます。

 

インターネットをやっていたら、なにかにつけてメールアドレスを書くことがありますけど、「めえる」と書くだけで全部埋められるわけですからものすごくラクです。

 

とくにスマホをメインにしている人にとっては、かなりの時間短縮になるのではないでしょうか。

 

他にもいろいろありますよ。

 

住所なんかもいちいち記載するのは面倒じゃないかと思うんですね。

 

だから私は「じゅうしょ」で、自分の住所が変換で出てくるようにしています。

 

じゃあ「住所」と漢字で書きたいときに不便じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、そのときは二回変換すればいいんです。

 

「おはようございます(^^)」とかでも「おは」で変換すれば出てくるようにすれば便利なんじゃないでしょうか。

 

あとは変換がややこしい漢字単語とかもそうですね。

 

ちょっと今すぐに思いつくのはありませんけど、「屠龍纏身爬山開(とりゅうてんしんはざんかい)」とか。

 

これ、ゲームの必殺技の名前なので、友達とLINEとかで話すときによく使う単語なんですけど、いちいち入力なんかしていられません。

 

なので「とりゅう」で変換したら出てくるようにしています。

 

次に、どうやって辞書登録をするのかを記していきます。

辞書登録の仕方(パソコン)

パソコンでの辞書登録は簡単です。

 

私の場合、変換ソフトとしてGoogleの日本語入力を使っていますが、どのソフトでも同じやり方で出来ます。

 

まずはデスクトップ画面の右下を見てください。

 

このようにひらがなが出ているところがあると思います。

 

 

もしひらがなではなく英単語が出ていたら、キーボードの左上にある「半角/全角」キーを押してください。

 

もし☓マークが出ていたら、どこかテキストにカーソルを合わせてください。

 

メモ帳なんかを開いて、そこに書き込む準備をすれば☓マークは消えて、ひらがなが出てくるはずです。

 

次にそのひらがなを右クリックし、「単語登録」を選択します。

 

すると単語登録の窓が開きますので、その窓で登録をします。

 

「よみ」に、変換したいひらがなを、「単語」に変換したあとの単語を書きます。

 

 

これで完了です。

 

簡単ですね。

辞書登録の仕方(Android)

こっちはもっと簡単です。

 

メールアプリやメモアプリなんかを起動して、そこになにかを書き込む準備をします。

 

そうするとキーボードが出てきますね。

 

フリックでもQWERTYキーボードでも構いません。

 

そこで歯車マークをタップします。

 

 

するとこういう画面になります。

 

 

下から二番目にある「ユーザー辞書登録」をタップします。

 

 

PCのときと同じような画面が出てきましたね。

 

「単語」と「読み」が逆ではありますが。

 

ここに登録します。

 

 

すると

 

 

このように変換候補の中に出てくるようになりました。

最後に

本当はiPhoneもやりたかったんですけど、私、所有していないのですみません。

 

調べてみたところ、やり方としては「設定」→「一般」→「キーボード」→「ユーザー辞書」でできるみたいですね。

 

ユーザー辞書登録画面の右上にある「+」マークをタップして新しい登録をしてください。

 

(誰かに借りることができたら、追記します。)

 

正直、この作業ってちょっと面倒くさいです。

 

でも一回やっておけば、二回目からの変換はすごくラクになるので、よく使う単語などがあれば登録しておくと良いでしょう。

 

 

 

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。