こんにちは。イッシキです。

 

私は躁うつ病など、精神疾患を患っている人の働き方としてアフィリエイトを勧めているわけですが、だからといって特にアフィリエイトだけにこだわる必要はありません。

 

厚生労働省では、障害者のための支援施策が行われていて、これは精神障害者も対象になります。

 

(利用するためには障害者手帳が必要です。)

 

精神的な障害があるために、普通の働き方ができない人に向けた施策ですから、その働き方についても細かく相談できる窓口がいくつかあります。

 

相談する窓口は、自分がどのような状態でいるかによってかわってきます。

 

就労したい方は自分がどのような状態であるかを考え、どのセンターに行けばよいかを確認してみるといいでしょう。

 

以下、どのような状態で、どこに行けばいいのかをまとめました。

何をすれば良いのかわからない、受けられる支援制度を知りたい

このような人は以下の窓口で相談ができます。

障害者就労生活センター

ここでは、職業訓練や現場実習の紹介をしてくれたり、求職活動へ同行してくれたり、生活面での支援など、様々なことについて相談できます。

ハローワーク

障害の程度、種類に応じて、具体的な就職の相談を受け付けています。

 

もし専門的な知識が必要な職業を希望する場合は、地域障害者職業センターを紹介してくれます。

自分に見合った職業を知りたい

地域障害者職業センター

スキルが活用できるなど、自分に見合っていて、専門的な職業評価を受けたい人は、この窓口を利用します。

 

ハローワークで相談したときに、専門的な知識を必要とする職業を希望する場合も、この窓口を利用することになります。

いろいろ回らず一括で相談したい

障害者就業・生活支援センター

ここは、ハローワークや地域障害者職業センターなど、いろいろな窓口と連携を取っていますので、ここに行けば全ての相談が受けられます。

 

ですのでいろいろな窓口を回るより、ここで一括で相談するほうがいいかもしれません。

 

職業関係だけでなく、福祉関係、生活関係の相談も受け付けています。

最後に

市役所に問い合わせてみたところ、上でも述べたように障害者就業・生活支援センターに行けば、おおよその相談ができるとのことでした。

 

相談できる窓口の一覧はここで確認することができます。

 

就労について悩んでいる方は、参考にしてください。

 

 

 

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。