こんにちは。イッシキです。

 

ブログを運営していて、一番虚しいことって「アクセスが来ない」ことですよね。

 

いくらブログを書いてもアクセスが来ないと、そのブログって存在してないも同然ですし。

 

で、そのアクセスを呼び込む手段の一つが、「ブログランキングサイト」に登録することです。

 

上位に食い込めばもちろんのことですが、登録をしておくだけでもブログランキングサイトからのアクセスを期待することができます。

 

ブログランキングサイトにはポイントが二種類あります。

 

INポイントとOUTポイント。

 

INポイントとは、ブログからブログランキングサイトにアクセスする人が居たときに入るポイントです。

 

OUTポイントとは、ブログランキングサイトからブログにアクセスした人が居たときに入るポイントです。

 

いずれも自分のランクに反映され、ポイントを貰えるほどランクが上がっていく仕組みとなります。

 

となると、自分のブログにアクセスしてくれた人には、ランキングサイトにもアクセスしてもらいたい、ということになりますね。

 

ですから、ブログランキングサイトに登録している人は、自分のブログサイトにバナーを設置して、アクセスしてきた人にリンクバナーからブログランキングサイトに飛ぶように促すのが基本となっています。

 

この時、リンクバナーの貼り方が二種類あります。

 

一つは新しい窓(タブ)が開いて、ブログランキングサイトにアクセスするリンクバナー。

 

もう一つは窓が開かないで、そのまま画面がブログランキングサイトにアクセスするリンクバナー。

 

つまりはこんな感じです。

 

新しい窓が開くリンク

 

窓が開かないリンク

 

それらの方法をここで説明していきたいと思います。

 

最後にも書きますけど、これ、アクセスしてくれた人に、ひと手間を与えるか与えないかの大事なところなので、しっかり身につけてくださいね。

 

ブログランキングサイトはメジャーなところで「にほんブログ村」「人気ブログランキング」があります。

 

一つずつ見ていきましょう。

 

にほんブログ村のリンクバナーの貼り方

にほんブログ村へはここからアクセスしてください。

 

アドレスはhttps://www.blogmura.com/です。

 

ここにアクセスをした後、右上にある「バナー」の文字をクリックしてください。

 

そうすると、バナーを選択する画面が出てきます。

 

ズラーッといろんなバナーが出てくるのですが、バナーが並んでいる箇所の一番上を見てください。

 

こんな表示があるはずです。

 

 

ここで、「新規ウインドウ(別窓)用ソース」にチェックを入れれば、リンクバナーをクリックしたときに、別窓が開いてにほんブログ村にアクセスすることになります。

 

ここからチェックを外せば、別窓ではなく、見ている画面がそのままにほんブログ村にアクセスすることになります。

 

他にも便利な機能がありますので、チェックするか外すかを決めてください。

 

決めたら画面を下にスクロールして、バナーを選択します。

 

 

どのバナーにするかを決めたら、右にある「タグコピー」をクリックすることでタグをコピーし、バナーを貼りたい場所にタグを設置します。

人気ブログランキングのリンクバナーの貼り方

人気ブログランキングへはここからアクセスしてください。

 

URLは「https://blog.with2.net/」です。

 

このページの右上にある「マイページ」をクリックします。

次に画面左下にある「リンクバナー・URL」をクリックします。

 

色々なバナーが表示されますので、好みのバナーをクリックします。

 

すると別窓が開き、次のような画面がでてきます。

 

 

ここで「別ウインドウで開く」をチェックすれば、自分のブログから人気ブログランキングにアクセスした時、別窓が開くことになります。

 

あとは「タグコピー」をクリックして、コピーしたタグをバナーを設置したい箇所に貼り付けてください。

詳しい仕組み

この「別ウインドウで開く」かどうかというのは、タグで決まります。

 

まずリンクを開くためのタグは以下になります。

 

「<a href=”www.example.com”>例のサイト</a>」

 

これで「例のサイト」という文字列をクリックしたときに「www.example.com」というURLのサイトに飛ぶという設定ができました。

 

で、これを別窓で開くにはどうしたらいいのかと言いますと

「target=”_blank”」

これを入れるんです。

 

つまり

「<a href=”www.example.com” target=”_blank”>例のサイト</a>」。

 

こう書くことで、別窓が開いて「www.example.com」というURLに飛びます。

 

コピーをするリンクバナーのタグを見ても「target=”_blank”」があるかどうかだけの違いであることがわかるはずです。

最後に

この「別の窓でリンクを開く」「そのままの窓でリンクを開く」というのは、アクセスしてくる人の手間を省くか否かを分けます。

 

「まずはこのサイトのリンクバナーをクリックして応援してから、ゆっくりサイトを見よう」という人がアクセスしてくれた場合を考えてみてください。

 

このとき、新しい窓が開かなければ、一度ブログランキングサイトにアクセスしてから、またブログに戻ってくるという手間を与えてしまいます。

 

ここでちょっと新しい窓を開くように設定するだけで、クリック率が高くなることが期待できますね。

 

リンクを貼るところによって、使い分けができるようになると良いでしょう。

 

 

 

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。