こんにちは。イッシキです。

 

この記事は2018年12月9日に作成しています。

 

WordPressのバージョンがアップされて、5.0になりました。

 

私はいつもバージョンは新しいほうが良いだろうと思って、あまり確認もしないでバージョンアップしてきました。

 

まあ今回も同じように5.0にバージョンアップしてしまったのですが・・・。

 

かなり仕様が変わってしまっていて、びっくりしました。

 

エディターが全くちがうんです。

 

調べてみると、「Gutenberg(グーテンベルク)」というんだとか。

 

もともとはプラグインで使えるようにするエディタだったらしいのですが、これが標準になったようです。

 

おそらく私と同じように何気なくバージョンアップした人は、かなり混乱したんじゃないでしょうか。

 

でもこれ、使いこなせればすごくかっこいいページが作れます。

 

ページは「ブロック」という単位で分かれていて、このブロックには文章、このブロックには画像、そしてそれらを好きなように配置して・・・とかなり自由度が高いため、自分のイメージ通りのページが出来上がるんですね。

バージョンアップするべきではない理由

ではなぜ今はバージョンアップすべきではないのか。

 

挙動がおかしいからです。

 

たとえばとある文字列にリンクを入れたとしますよね。

 

そのリンクが別窓で開くように設定すると、なぜか画面が一番上にワープします。

 

で、結局リンクが貼られてなかったり。

 

他にもおかしな部分があります。

 

私、この通りなるべく読みやすいようにとおもって、一行ずつ空けて文章を書いています。

 

これをGutenbergで編集しようとすると、すべての行間がなくなってしまいました。

 

おかげで上から一つずつ行間を入れ直しですよ。

 

私が被った被害はこの二つだけですけど、正直他にどんな弊害が起こるかわからないので、怖くて使えません。

 

まあ私はこういう理由で使いたくないのですが、普通に「使いづらい」とか「今までので十分」という人も多いかと思います。

 

そういう人は「Classic Editor」というプラグインをインストールしてください。

 

今までと同じエディタでWordPressの記事を作成していくことができますので。

 

とりあえず私は、今の状況が改善されるまで、Classic Editorで記事を作成していくつもりです。

 

ただ、やっぱり新しいものが出てきたのに、古いものばっかりを使っていたのでは自分の成長は見込めませんので、公開しない記事を作ってみたりして練習はしておこうと思います。

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。