こんにちは。イッシキです。

 

まずはこちらに前置きが書いてありますので、いきなりこの記事に飛んできた人はそちらを読んでいただくのもアリです。

 

さて、アフィリエイトの始め方としてやるべきことは「テーマを決める」ということなんですけど、これ、結構大事です。

 

これ一つでその後のアフィリエイト人生が決まると言っても過言じゃないです。

 

そこで、まずしなければならないことなんですけど、「自分が好きなことをテーマにしよう」という考えは捨ててください。

 

これができたら本当に嬉しいんですけど、自分の好きなことを書くだけでアクセスが集まってくるほど甘くはありません。

 

(テーマの決め方の詳細は後述しますが、そのときに「自分が好きなこと」「自分が興味を持っていること」がしっかり条件に当てはまっていれば、その幸運を喜んでテーマにしていってください。)

 

じゃあどういう風にテーマを決めればいいのかということになるんですけど、「需要があって、他の人が作ってないもの」です。

 

需要がないものはもちろん、需要があっても他の多くの人が作っているようなものは駄目です。

 

以前私にサイトの添削を依頼してきた人が居られたんですけど(本当はそんなことはやってないんですけど、特別に診させていただきました。)、その人が作っていたのは株のことを解説するサイトでした。

 

多分、実際に株をやっている方だったのだと思います。

 

たしかによくわかる解説サイトだったんですよ。

 

でもそのサイトではアクセスは集まらないし、結果稼げないことはすぐわかるんです。

 

なぜか。

 

「株 始め方」で検索してみればわかります。

 

10ページ以上に渡って、株の解説サイトが検索結果に出てきます。

 

それらと今から競争しようとか、どんだけ無謀なんだよって話です。

 

だから今からアフィリエイトを始めるとすれば、そのテーマの決め方は、「需要があって、他の人が作ってないもの」ということになるんです。

 

「そんな便利なテーマがカンタンに見つかったら苦労はねえよ!」と思われるかもしれません。

 

というか思うでしょう。

 

まあそうです。

 

カンタンには見つからないです。

 

需要があるようなテーマなんて、もういろんな大手サイトが作ってますし、他の人が作ってないようなサイトなんて需要なんてありません。

 

じゃあどうすればいいのか。

 

まずはニッチなところを狙っていってみてください。

 

たとえばダイエットをテーマにしたいのだったとしても「ダイエット」で検索して出てくるようなサイトを目指すのは無謀です。

 

でも「ダイエット ライザップ 内容」とかだったら、いっきにライバルは減ります。

 

さらには「内容」だけでなく「ダイエット ライザップ」ときて「芸能人」「メニュー」「方法」「食事」「ブログ」と、いろいろな検索ワードが挙げられます。

 

もちろんこうしたワードで検索していっきにライバルが減るといっても、まだたくさんのライバルサイトが出てきます。

 

じゃあ更にそこから自分のサイトを目立たせるにはどうしたらいいでしょうか。

 

例えばこういうのはどうでしょう。

 

こうした需要あるキーワードで検索してみたところ、見渡してみても出てくるのは「結果16キロ痩せました」とか結果だけしか書かれていないサイトばかりですね。

 

そんな中、実際にライザップに通って、その体型の変化をリアルタイムで記事にしていったら?

 

かなり興味を引くサイトになるんじゃないでしょうか。

 

まあそんな感じで、いきなり「ダイエット」みたいな大きなキーワードを狙うんじゃなくて、さらにそれを「ライザップ ブログ」みたいに細かく分類していけばいいわけです。

 

そして、少なくなったライバルサイトの中で、他にはない差別化を図って目立てばいいんです。

 

他にも例を挙げてみましょうか。

 

ダイエットと真逆の「スイーツ」なら「東京 スイーツ おすすめ 2018年」なんてどうでしょう。

 

・・・・うーむ。

 

これらのワードを実際に検索してみればわかると思いますが、それでもまだまだライバルサイトは多いですね。

 

でも実際、スイーツの食べ歩きが趣味という人で、こういうブログを作ってめちゃくちゃアクセスを稼いでる人はいます。

 

じゃあ、なんでそんな事ができるのかと言うと、ただのランキングではわからない感想とかをしっかり書いてくれているからです。

 

これも差別化ですね。

 

「東京のスイーツおすすめ30店!!」とかってサイトを見ても「お前本当に食べにいったんか?」と思うような無難な記事ばっかりじゃないですか?

 

そこに「今日はここに行ってこれを食べてきました。」「店の中はこんな感じです。」というような写真を載せて、さらに実際に食べた人ならではの感想を書いていったら、どっちの方が面白いサイトになると思います?

 

「美味い美味いと言われてますけど、それほどじゃないです」とか本音が書かれていたら?

 

(あんまりそういうのは見ませんけど。)

 

で、そういうサイトを見たいと思っている人は「東京 スイーツ ブログ」という感じで検索したりするんですね。

 

だからそっちを狙ってみます。

 

こうした食べ歩きをやっている人のブログはありますけど、今検索してみたところ「東京 スイーツ ブログ 2018」という検索ワードで、実際の食べ歩きをやっている人はそれほどいませんでした。

 

つまり、こういうところにこそ割り込んでいける隙があるということです。

 

ここで、差別化として「実際に痩せる」「実際に食べる」というようなのを挙げてきましたけど、いつもそんなに体を張る必要はありませんよ。

 

もちろんそういう行動的なほうがインパクトはありますけどね。

 

たとえば小説の感想みたいなサイトを作るとしても、文体を独特のものにするとか、ライバルサイトよりもうまくまとめるとか、登場人物にものすごいツッコミを入れるとか。

 

やり方は多々あります。

 

そういうところの創意工夫が、アフィリエイターのウデの見せ所だと言えます。

 

そしてもう一つ大事なこと。

 

私、上で検索ワードをいろいろ挙げていきましたが、これ、私が勝手に根拠なく挙げたわけじゃありません。

 

ちゃんと、どういうワードが需要があるのか調べてます。

 

「こういうワードを検索する人が多いだろう」という根拠の無い考えを思いついていくのは時間の無駄です。

 

ちゃんと過去に実際に検索されたワードを決めていく必要があります。

 

じゃあ私はどうやってこれらのワードを挙げていったのかといいますとですね、これでカンニングしました。

 

こうしたツールを使って、根拠を持った「需要があり、かつ誰も作ってないサイト」のテーマを決めていくと良いと思います。

 

ただですね、ちょっとテンションが下がることを言いますけど、いきなりここ、つまりアフィリエイトに適したテーマを見つけることをうまく通過できる人って結構少ないんじゃないかと思うんですよ。

 

最初に決めたテーマが大当たりした、ってのはなかなかないんじゃないかと。

 

上で挙げたように「こういう風に決めましょう」というようなマニュアルといいますか、やり方ってのは確かにちゃんとあるんです。

 

でも、それを聞いたからっていきなりできる人は、よっぽど才能があるか運がいい人だと思います。

 

なにが言いたいのかと言いますと、試行錯誤をする手間を惜しむな、ということです。

 

これは「サイトを一から作り直すこと」を含めてです。

 

私も「せっかく100記事以上書いたのに」というようなサイトをいくつも潰していきました。

 

でもそれってきっちり身になってますからね。

 

サイトの構成の仕方とか文章の書き方とか文章を書くスピードとか。

 

どんどん洗練されていってるはずです。

 

無駄とは思う必要はありません。

 

そのことを忘れないでください。

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。