こんにちは。イッシキです。

 

ちょっと前回の分だけでは中途半端な感があったので、引き続きうつ病、躁うつ病の話です。

 

前回では、うつ病、躁うつ病を治すためには、まず自分が病気であることをしっかり自覚し、薬はきっちり飲むようにするようお話しました。

 

で、今回はその次の段階の話をします。

 

薬をきっちり飲んで、ある程度症状がマシになってきたら今度は精神科医を疑いましょう。

 

いや、疑いましょうっていうと悪意がありますね。

 

なんというか、「ちゃんと自分に合った医者か」ということをもう一度見直してみると言うことです。

 

やっぱり医者にも相性ってあると思うんですよ。

 

更にいうと、言っちゃあ悪いけど、ヤブ医者も居ます。

 

ヤブって「呪術」って意味で、呪術で治そうとする怪しい医者だからヤブ医者って言われるようになったらしいのですが精神疾患だってそんな治し方は出来ないと思います。

 

まあ呪術云々は置いといて。

 

いずれにしても、通院する以上は医者との信頼関係って1番大事だと思うんですね。

 

でも、私もそうだったんですけど日本人ってなかなか思ってることが言えないって言うじゃないですか。

 

だから医者が言ってることに疑問があったとしても、なかなかそれについて尋ねることができない人も多いみたいなんですね。

 

そうすると自分自身で認識はしてなくても、医者に対する不信感は募っていってしまいます。

 

でも、他の病院を一から探すとなるとやっぱりエネルギーを使うから、それが面倒でずっと同じ病院に通い続けてしまう。

 

まあこういうルートをたどってしまう人も多いみたいなんです。

 

でもやっぱりこの状態が続くのは良くないです。

 

疑問があったらちゃんと尋ねて、それでも不安や疑問が解消されないのなら、他の病院をちゃんと探す手間を惜しまないようにしないと。

 

精神疾患って、惰性で信頼もできない病院に通院を続けて治るもんじゃないと思うんです。

 

私も、ある日思い切って転院しました。

 

セカンドオピニンをもらって、自分に適した病院を探したんです。

 

このことも、私の精神疾患が寛解に向かっていくための大きな転機になったと思っています。

 

私の場合は、医者に対する判断はすごく楽でした。

 

当時テレビで、磁気を使って精神疾患を治す方法が紹介されていたんです。

 

でもそれってアメリカでしか採用されてなかったんですね。

 

日本では、どっかの研究所で少人数のモニターを募集して様子を見てる、という程度でした。

 

でも、その治療を始めたとたん劇的に治った、という放送を見て、やっぱり私も体験したかったんです。

 

んで医者に訊いたんです。

 

「日本で磁気治療をやってるとこ、ネットで公表されてるところ以外に、先生のツテか何かで紹介して頂けませんか」と。

 

その答えは「そんな治療あるの?」でした。

 

結構衝撃でしたよ。

 

精神科医が、私でも知ってる精神疾患の治療法を知らなかったわけですから。

 

どんだけ勉強してないんだよ(笑)。

 

一発で「あ、この人だめだ」と思い、即座に転院を考えました。

 

それで、上で述べたように別の病院でセカンドオピニオンをもらって現在通院している病院を見つけたわけです。

 

んで不思議なのが、私がこんなにあっさりと見限った医院でも患者の数はすごく多いんです。

 

待合室にはいつも患者がいっぱい居て、建物もすごく立派で綺麗なものでした。

 

かなり儲かっていたと思いますよ。

 

これって、やっぱりちゃんと医者が自分に合っているかどうか、ということを自分で判断している患者が少ないことを示しているんじゃないか、って思うんです。

 

医者側にしてみればありがたい話です。

 

特に工夫なんかしなくても、勉強すらしなくても、一人2,3分だけ話を聞いて、処方箋を出していれば

どんどん儲かっていくわけですから。

 

「まだ医者が自分に合っているかどうかを判断するなんてそんな元気はないよ」というような状態ならば仕方がありません。

 

そのまま薬を飲み続けて、自分が少しでも活発になる時期を待ってください。

 

ただ、そうだとしても同じ薬を飲んでても全然改善される様子がないのならばちゃんと医者に言うようにしましょう。

 

でないと、こういう医者って自分からなにかを提案してきて、状況を変えようとはしてきませんから。

 

まとめると

①まずは薬を飲んで、少しでも自分の状態を良くする。

②その際、ちゃんと自分がどういう効果がある薬を欲しているかを言うこと。

③状態が少し良くなったら、医者が自分に合っているかを判断すること。

④合ってないと判断したら、転院を考えること。

 

まあこんな感じでしょうか。

 

とにかく、何も考えずに惰性で通院し続ける、ということだけは避ける必要があります。

 

ではどうやってセカンドオピニオンをもらうのか、そしてどうやって自分に適した病院を探すのか、ということになるのですがこれらについては、こちらの記事に譲りたいと思います。

 

うつ病、躁うつ病から立ち直るには③ セカンドオピニオンをもらいに行け

 

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。