こんにちは。イッシキです。

 

前回の記事で、タイピングがいかに便利でアフィリエイト作業で有利になるだけでなく会社での給料アップに繋がるということを説明しました。

 

給料アップとはちょっと違うかもしれませんけど、まあ大体そんなことを説明しました。

 

前回の記事にもこの記事の最後にも、私のタイピング速度の測定結果を書いておきましたので、まあある程度タイピングができる奴の意見なんだな、と参考にして頂ければとおもいます。

 

んじゃあ、そのタイピングができるようになるにはどうしたらいいんだよ、って話になってきますね。

 

なので今回はそれを説明していこうと思います。

 

まあぶっちゃけて言ってしまえば「書きまくる」ってのが1番の練習方法です。

 

ただですね、がむしゃらに書きまくったところで上達はしないと思うんですね。

 

なので基本から書いていきます。

 

他サイトでの解説とは違った方法を。

 

更には、文章を書きまくりたくなる方法も記事の最後の方に書いておきます。

 

さて、最初に。

 

まずはどのキーに、どの指を使うか、というところからです。

 

最初に置くのは、キーボードの「F」に左手人差し指、「J」に右手の人差指。

 

キーにポッチがついてるとおもうので、これは合わせやすいかと思います。

 

んで、「D」「S」「A」と、左手の指を一つずつ、「K」「L」、と右手の指を一つずつ。

 

あとは適当でいいです(笑)。

 

最低限のルールさえ守れば、あとは押したいように押していけばいいです。

 

(この「最低限のルール」については後述します。結構重要なルールではありますので)

 

いや、これ、本当にそうなんですよ。

 

自分のやりやすいようにタイプしていくほうがやりやすいです。

 

たとえば「B」のキー。

 

正しくは左手人差し指を使うらしいです。

 

でも私、ここは右手の人差し指を使ってます。

 

別にそれで困ったことってないんですよね。

 

あと、左手の小指は使いますけど、右手の小指は全くと言っていいほど使ってません。

 

エンターキーも薬指です。

 

ですから、最初の「F」「J」以外は、ホントに自分のやりやすいようにやってるんですよ。

 

句点は基本は人差し指です。

 

「?」みたいな記号については右手薬指でシフトキー、人差し指で「?キー」です。

 

なんか指の位置が飛んでるけど、大丈夫なの?と思うかもしれませんけど、問題ないんですよ。

 

普通にブラインドタッチで打てています。

 

どれだけ指をずらせばそのキーがあるのか、というのがもう指が覚えているんですよ。

 

ただ、一度やたらシフトキーが小さいキーボードを買ってしまい、そのときはかなりやりづらかった覚えがありますので、自分に合ったキーボードであるかどうかということだけは購入時に注意するようになりましたが。

 

まあまたぶっちゃけて言ってしまいますと、句読点とかハテナとかコロンとか、最初はそういった記号なんか書けなくても良い、くらいの気持ちで良いです。

 

とりあえず文章を速く書ければ、それだけでかなりの時間短縮になりますので。

 

んで、そうした文章を書いていくと、必然的に句読点やハテナなんかは使うようになりますよね。

 

そのときは、ブラインドタッチなんか気にしないで、普通にキーボードを見て打っていいです。

 

それを何度も繰り返しているうちに、もう何処にどのマークがあるかなんて手が覚えてしまいますので。

 

まずはそういった記号を抜きにした文章を書けるようになりましょう。

 

さて。

 

これで指の置き方はわかりました。

 

「最初のホームポジション以外は適当」ということで(笑)。

 

んで、次に文章を書く練習方法なんですけど、これはちょっと順序が要ります。

 

あと、最初は完璧にできる必要はありませんので、いきなり気張らずやってみてください。

 

最初はちょいと地道ですけど、「とりあえず」程度まで出来たら次のステップに進めますので。

 

まずは「あ」「い」「う」「え」「お」。

 

これらの母音を練習してください。

 

ただし、ここで上述の「最低限のルール」が登場します。

 

どのキーにどの指を使うのかは自由にしていい、ということでしたが、これらの母音だけは、次の指を使ってください。

 

「あ」:左手小指

「い」:右手中指

「う」:右手人差し指

「え」:左手中指

「お」:右手薬指

 

これだけです。

 

最初はキーボードを見ながら。

 

次に目を離して。

 

この5文字だけ、指定された指を使って手元を見ずに打てるようになってください。

 

たった5文字ですので、それほど時間はかけずに指に覚えさせることはできると思います。

 

その次に「か行」です。

 

最初に覚えてしまった母音の前に「K」を付けるだけですから、Kの位置を覚えてしまえば書けるようになりますね。

 

で、この「K」に対してどの指を使うか、ということについては自由です。

 

好きな指を使ってかまいません。

 

もっとも、Kみたいな位置だったら、普通に右手中指になるとは思いますが。

 

で右手中指に決めたら、「右手中指と左手小指」で「か」。

 

「右手中指」を上に動かして「き」。

・・・・

同じように「S」「T」「N」の位置を覚えて、一つずつ練習していきます。

 

どの指が子音を打ちやすいか、自分で決めてしまってかまいません。

 

まあ最初はこうやって地道にやっていくしかありません。

 

上でも言いましたけど、正しい指の置き方だろうが、間違っていようが、ちゃんと出力された文字が合っていればOKです。

 

で、一応おぼろげながらでも50音が書けるようになったら、次の段階として、文章を書いていきます。

 

繰り返しますが完璧に覚えるんじゃなくて、おぼろげながら、でいいです。

 

最初の「あいうえお」の5文字の母音だけは指の使い方も含めて完璧にできるようになってほしいところですが、その後のKとかSとかの子音については多少手元を見るくらいでもかまいません。

 

Sの位置だけ手元をちらっと確認すれば「さしすせそ」は書ける、というくらいでいいです。

 

さて、まあとりあえずそこまでできるようになったらさっさと次の段階に進みましょう。

 

何の意味もない文字を延々打ち続けててもなんも面白くないですし

 

さて、次の段階では文章を書くということになるわけですが、書いてて楽しい文章がいいです。

 

私、文章を書く練習を始めた頃に小説の書き写しとかに挑戦しました。

 

「この一冊が終わるころには、ブラインドタッチも完璧だぜ!」とか思いながら。

 

3ページで挫折しました。

 

んじゃあ代わりにどういうことをしたのかというと人との対話です。

 

私の場合、チャットをしました。

 

でも別にチャットにこだわる必要はありません。

 

なにか興味がある話題の掲示板とかSNSを見つけて、そこに自分の意見を書き込んでいくというのも良い手です。

 

自分の興味があることって、どんどん話題が出てきて、いろいろなことを話したくなりますよね。

 

興味じゃなくても、愚痴を書きまくれるところを見つけるとかでもいいです。

 

旦那デスノートみたいな強烈なサイトでもいいです。

(人間不信になりそうなサイトでしたので閲覧にはご注意を。)

 

そういう「私も混ざって意見を言いたい!」「聞いてほしい!」と思えるようなところを見つけ出してタイピング練習のモチベーションを高めるんです。

 

で、最初はポチポチと、まだるっこしい思いをしながら自分のコメントをどんどん書いていってください。

 

最初はSとかTとかの子音の位置を確認するために手元を見ながら。

 

慣れてきたとおもったら、画面を見ながら。

 

で、やっぱり忘れた、と思ったらもう一回手元を見て。

 

そうしていくうちに、自然とタイピング力は上がっているはずです。

 

とくに、誰かと喧嘩になった場合なんて最高の練習場ですよ(笑)。

 

顔を真っ赤にして、相手を言い負かしたくなりますから、なんとかして速く打とうと必死になります(笑)。

 

まあ、これは極端な例ではありますが。

 

ここに出した練習方法はあくまで例です。

 

メル友を作るのもいいですし私のようにチャットをやるのもいいです。

 

いきなりチャットだと、リアルタイムで書き込まなくてはならないので、ちょっとハードルは高くなりますが。

 

まあでも私にもできたんですし無理ということはないと思います。

 

それで知り合った人たちとはオフ会もやって今でも友達だったりします。

 

まずはそんな具合に、自分の方からタイピングがしたくなるような状況を作っていくところから始めてみてください。

 

コメントを書いたり話したりすることに夢中になって、いつのまにかブラインドタッチもできるようになっていますから。

 

おまけ

 

前回の記事でも書きましたけど一応ここにもタイピング測定結果を貼っておきます。

 

http://sl.infovision.co.jp/sl/typing/default.html

 

⬇応援ポチをしていただけたら、とても嬉しいです。






「場所」「時間」を選ばずにできる仕事に興味を持ったら、こちらをクリックしてみてください。
その概要が記されたページに飛びます。